気どりながら叫ぶ友人と濡れたTシャツ

出来立ての麻婆豆腐は焦げていた
「冒険」のことを特別に感じている人って、どれくらいいるのかな。子供のときの体験や固定観念みたいなのが、「インストラクター」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。<ヘッダー>

雹が降った月曜の夜明けに歩いてみる

少年はとってもひもじかった。
もうじき夏休みという頃、小学校から元気よく下校しているときだった。
蝉がもううるさく鳴いていて、日差しは強く、夕方にもかかわらず、まだお日様は沈む気配はなかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日はものすごくお腹が減っていたから、早いとこ帰宅して何かを食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨日の夕食のカレーの残り。
昨晩のカレーは、たしか鍋にずいぶん残っていた気がする。
ご飯もおそらく、残ったのが冷蔵庫にあるはず。
少年はカレーを食べる自分を思い浮かべて、早足で家を目指した。
すると顔からは汗がますます出てきた。

湿気の多い祝日の日没は読書を
寝る前に、グラスビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、翌日に接待のような仕事がない時に限るけれど。
横浜にいた時に、マンションの近くで酒屋を発見して、父の日のために購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円くらいの高級ワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、そのワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
そのことから、私はあまりワインの値段にはこだわらなくなった。
楽しい!と感じる時間の友だったら、お金や質にはこだわらないと決めた。

騒がしく大声を出す姉ちゃんと冷たい肉まん

知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
彼が出張が決まると、知佳子もついて行くし、つい最近は私も一晩だけ同伴させてもらった。
この2人は私を同じ呼び方で呼ぶし、何かを始める時は、まず私に求めてくれる。
なんとなしに気にかけてくれているような感じがして凄く居心地がよかった。

気持ち良さそうに熱弁する友達と穴のあいた靴下
今日の夜は一家そろって外食なので、少年は学校から帰るときからワクワクしていた。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと想像していた。
ハンバーグやピザ、天ぷらうどんやざる蕎麦、などなど、メニュー一覧にはどんな料理があるのかとても楽しみでもあった。
行く場所は最近開店したレストラン。
お父さんの運転する車は、じきに目的地に到着する頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉さんは少年の横で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、入り口を開けて皆が来るのを待った。

悲しそうに踊る姉ちゃんと冷たい雨

飲み会などの酒のお供に、そこそこ健康に良い食材を!と考えている。
最近のおつまみはニンニク。
その前はさんま。
そして、近頃は、湯葉だけれど、少々高めなのであきらめた。
今日、新メニューを発見した。
スーパーで100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、味の素と塩を少々ふりかけて味を調えたもの。
とても値段はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

勢いで跳ねる彼と夕焼け
お気に入りの歌手はいっぱい居るけど、20代になってから外国の音楽ばかり流していた。
でも、国内のアーティストの中から、大好きなのがcharaだ。
チャラは凄い数の楽曲を世に送り出している。
代表作なのは、HEAVEN、タイムマシーン、VIOLET BLUEなんか。
この国たくさんのアーティストがいるが彼女はcharaは素晴らしい個性がキラリと光っている。
日本国内には、海外進出して活躍するミュージシャンも数多くいるが、チャラも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こう言ったタイトルが思いつくことに憧れる。
多くの作品の作詞作曲も兼ねていて、個人的には、クリエイティブでカリスマな才能があると思う。
JUDY&MARYのyukiとコラボしてTOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、好き。
格好良かったから。
誰だって一回、思う、思われたい感じの事柄を、工夫して一言で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなんかに入賞されそうだ。

気分良く吠える妹と横殴りの雪

怖い物はたくさんあるけれど、私は海が怖くて仕方ない。
しかも、沖縄やフィジーなんかの淡い水色の海ではない。
もっと上を行くのが、日本海などの暗い海だ。
ついつい、右も左も水平線・・・という状態を想像してしまう。
それが経験したかったら、オープンウォーターという映画がオススメ。
ダイビングで海に取り残された夫婦の、会話のみでストーリーが終盤に近づく。
とりあえず、私には恐怖のストーリーだ。
もちろん、あり得る事なので、感情移入はたっぷり伝わるだろう。

汗をたらして跳ねる妹と季節はずれの雪
MCで有名な人が芸能界引退したから、テレビでふんだんに報道しているが、大変すごい!!。
また次の総理大臣がどういった人になるかという内容よりニュースでは番が前だったし。
誰が日本の総理大臣になろうが変化しないと考えるのもとっても多いですし、それより、某有名芸能人が芸能界を電撃引退というのが何かしら影響がでるということですかね。

気分良く自転車をこぐ母さんと読みかけの本

良いプレゼントを決めなくてはと考えている。
記念日がすぐで、嫁に何かプレゼントしたいけれど、とってもいいおくりものがうかばない。
家内になんか手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、たいして、物欲が存在しないので、欲しい物が考え付かない。
なのだけれど、妻に気づかれない様に嬉しがりそうなものを見つけてびっくりさせたい。

雹が降った祝日の夕暮れは焼酎を
近くのショッピングセンターで夕飯の買い物をしていた。
冷凍食品の部門でポテトをさがしていた。
すると、ハングルで書いてある冷凍食品を探し出した。
良く見て確認すると、トッポギだった。
この夏、釜山へ向かった時に、幾度となく韓国を旅している親友に教えてもらったのがトッポギ。
日本でも冷凍食品になって、韓国のトッポギが発売されてるなんて、びっくりだった。

サイト内メニュー